シール屋あずき便り アオサギちゃん保護 2018.3.5 | 株式会社マエダ特殊印刷

株式会社マエダ特殊印刷

㈱マエダ特殊印刷はシール印刷を専門にお取り扱いしています。シール印刷一筋に50年以上の経験を持つ東京深川に所在する印刷屋です。

TEL.03-3643-4841

 東京都江東区牡丹1-8-1

シール屋あずき便り アオサギちゃん保護 2018.3.5

シール屋あずき便り アオサギちゃん保護 2018.3.5

みなさま お元気ですか

あずき便りの更新は 久しぶり となってしまいました

私は その間 お誕生日がきて 7歳になりました

先月のおわり 毎日お散歩する公園で 羽が折れているアオサギちゃんがいて

犬友達のみんなが 集まってました

その数日前から 公園の川で ゴカイを食べているアオサギちゃんを私も知ってましたが

その時は 羽は折れてませんでした もしかしたら 猫ちゃんに やられちゃった?

犬友ママの一人が抱いて 近くの動物病院へ連れて行った所 野生動物は診察出来ないと

断られ 泣く泣く 公園に連れて帰ったとの事

このままにしていたら 又猫ちやん達にやられてしまうかもしれないし

私とお母さんは 近所に住んでいる獣医さんに相談に行き

「行徳野鳥観察舎」の電話を教えてもらいました

電話すると 「千葉県で保護された鳥でないとだめ」といわれてしまい

東京都の獣医師会の電話を教えてくれました

すでに 夕方6時過ぎていたのですが 女性の方が電話に出て下さり わけを話すと

「東京都環境局自然環境部の提携した動物病院で見てくれるけど 東京都の受付時間が過ぎて

しまっているので 必ず明日届けを出してください」

と 特例で診てくださる動物病院を探してくれました

江戸川区中葛西「安田動物病院」

さあ そこからが大変 お母さんと犬友さんの捕獲作戦開始

私より大きいアオサギちゃん 高さ90㎝位 幅30㎝位

弱っていて ずっと同じ場所に立ってたそうですが

お母さんが 近づいたら ゆっくり歩き出し あじさいの枯れ木の後ろに隠れた所を

持って行った膝掛けでそつと包み抱き上げると 「ギヤー!ギヤー!」とくちばしを開き

一緒にいた犬友ママに攻撃し出したそうです

ものすごく怖かったそうですよ バスタオルを顔にかけたところ じっと動かなくなり

お父さんが用意したダンボール箱に無事に入れる事が出来たんですって

動物病院についたのは8時過ぎ 先生は診療時間はとっくに過ぎていたのに

待っていてくださり

「確かに お預かりします 明日の朝必ず届を出して下さい ただ

野鳥は人間のやった餌を食べないと生きていけないよ 食べれば リハビリの施設に移して

3週間位で飛べるようになるよ」と言われたそうです

がんばって 餌食べて欲しいです

お父さんは 動物病院へ通院しないといけない場合は 私のハウスのゲージで保護しようと

思っていたんですって もう!

ちなみに診察料は無料だったそうです お父さんは診察料もポケットマネーで出そうとしてたみたいです

 

アオサギちゃん あなたは 私がすぐ目の前にいても 川のゴカイをついばんでいたから

きっと大丈夫よ 元気になって 公園で会えるのを待ってますね

 

 

« »